読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nofollowの正しい使い方とサイト価値の向上について

SEO

f:id:foasij:20160526175423p:plain

nofollowの正しい使い方とサイト価値の向上

 

Twitternofollowがついているから被リンクとして作用しないとかnofollowがついていないと有料リンクとしてGoogleのペナルティを受けるとか様々な記事を見つけました。結局nofollowってなんなの??って言うところがかなりわかりにくくなっていると感じたので記事にしてみました。


nofollowとは??

nofollow(属性)とはメタタグの一種で、リンク先にリンクジュースと言われるページランクを渡してしまうことを止めれる属性のことです。Googlebotからの外部サイトへのクローリングとページランクの受け渡しを停めることが出来るようになります。クローラーが「ページの全てのリンクをたどらない」もしくは、「ある一つのリンクをたどらない」という指定ができ、リンク先のサイトにSEO効果が移らないと言われています。

 

有料リンクとは

ページランクを獲得するために業者などに頼んで被リンクを獲得すること。この獲得はGoogleが低評価を付ける要因として明言していてこのようなリンクがもし現在ある場合にはnofollowを付けることを推奨している。
→なるほど。nofollowついてないと有料リンクなのではなく、不自然なページランクの受け渡しリンク(nofollowついていない)には有料リンク認定をしますよという意味なんだ。

 

nofollowついていない = 有料リンクというわけでもないわけです。 

 

じゃあ全部nofollowつけたほうがいいじゃん!!

じゃあ、自分からだすリンク全てにnofollow付けて自分のページランク守ってほかのサイトからページランク貰う戦略とれば最強じゃないか??

ってことで調べると出てきました。

www.seohacks.net

 

上記サイトの内容を簡単に説明すると”サービス側の努力である程度カバーできることかと。むしろそれが責務”

 

なるほど。ごめんなさい…

 

つまり、Googleの意図としてはウェブマスターは自分の管理しているサイトからの発リンクは責任を持っているべきという思想があるようで、Twitterのようにどうしてもコンテンツに責任を持てないようなサイト以外はnofollowの設定をせず正しいリンクを飛ばすことを推奨されています。

 

そもそもnofollowの働きは??

f:id:foasij:20160526173639p:plain

nofollowの働きは、

①リンク先のサイトへのPagerankの受け渡しを避けること

②その先にクローラーが回らなくすること

の2つになります。

 

もし、Pagerankが100の記事からの受け渡しの数を減らすため10個あるリンクの内で5つのリンクにnofollowをつけたとしても

一つ一つに受け渡す力が10 → 20に増えるだけなので、自社のサイトとしての効果は変わらないというのが実情です。

 

それを知らずにいると、全てにnofollowつければいいじゃん!!

とか言いたくなってしまうわけですね。

 

nofollowを使うパターンは??

① 信頼出来ないコンテンツにリンクするパターン

② no indexをするような価値のあるページではないけど機能として必要なパターン

③ 金銭の動きがあるリンクのパターン

 

① 信頼出来ないコンテンツにリンクするパターン

Twitterのようにユーザー投稿型のサイトは同様にnofollowを付けておく必要があります。これは、Yahoo知恵袋の質問欄や解答欄も同じで更にはブログのコメント欄などにも同様にnofollowを行う必要があります。

 

ですが、こちらも制御ができるレベルなのであればnofollowを付けないほうがいいです。例えば、コメントを承認制にして、自分で許可されたコメントのみリンクの受け渡しを許可するなどしてWebマスターとしての責務を果たすことも大切だといえます。

 

② noindexをするような価値のあるページではないけど機能として必要なパターン

自社のサイト内でもそうなのですが、弊社で言うと画像ページのような存在することに意味はあるけどユーザーにとって価値が有るわけではないのでnoindexにしているページなどに関してもnofollow属性を付けておいてクローラーが回らない状態にしておくべきです。

 

あくまでこちらは、ページランクの受け渡しを防ぐのではなく、自社のサイト内でのクローラーの動きを制御して、クローラビリティを良くすることが目標であることを忘れないようにしてください。 

③ 金銭の動きがあるリンクのパターン

こちらは勘違いされやすいのですが、よくあるブラックハットSEOをイメージして、うちは大丈夫だよ。と思う方が多いように感じます。このリンクですが人工的に作られたリンクとなるので、お金を受け取ったパターンの発リンクもしくは、お金を受け取ったパターンの被リンクに対してなども適応されてしまう可能性があります。

 

例えば、メディアが広告料を貰ってある商品を紹介して記事広告料を貰ってリンクをnofollowを付けずに公開していた場合、それは金銭の発生しているリンクと判断される可能性があります。また、プレスリリースや外注をして自分の会社についての記事を書いてもらうなども同様に対称となるので注意が必要です。

 

 

nofollowの付け方

①リンクにrel="nofollow"を付ける場合

<a href=”リンク先ページのURL” rel=”nofollow”>アンカーテキスト</a>

こちらはとても簡単で、リンクのaタグに対してnofollowをつければそのリンク先に対してnofollowにすることが出来ます。

 

②全てのリンクにnofollowを付ける場合

<meta name=”robots” content=”nofollow” />

そのページ内の全てのリンクにnofollowを付けるためにはそのページのbodyに上記のような記述をするといいです。