読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンテンツのデータを取るときに気をつけるべき指標5つ

SEO

f:id:foasij:20160611103921p:plain

 

 

 コンテンツのデータを取るときに気をつけるべき指標5つ

コンテンツを見る上で色々とデータを観測すると思います。

その中で気をつけているデータをいくつか上げてそのデータのとり方まで軽く説明していこうと思います。

 

① 検索キーワード


そのコンテンツに対してどんなキーワードで流入してるの?というのを確認します。
アナリティクスの 行動 > サイトコンテンツ > 全てのページ > 検索ボックスでディレクトリを検索 > コンテンツを選択 > その他 > 集客 > キーワード
出だすことが出来ます。
違和感を感じた時、どんなキーワードで検索されているかでそもそも狙ったキーワードで取れてないパターンが多いです。
カーディガン コーデで取りたいのに、春コーデ カジュアルで取れてしまっているみたいなことを見つけることが出来ます。

 

②検索キーワード毎の平均ページ滞在時間


そのコンテンツで流入したキーワードでどれだけ人が長い時間見てくれているのかというのを知ることが出来ます。ちなみに2ページ目で戻るを押して離脱した場合、1ページ目にいた時間が滞在時間になるのでここは注意が必要です。

 

③検索キーワード毎の直帰率


そのコンテンツで流入したキーワードでどれだけの人が帰らずに他のページも見てくれているのかというのを知ることが出来ます。そのキーワードがそのクエリとキーワードマッチしているか。タイトルとの整合性が取れているか。ユーザーが満足するコンテンツかなどがわかります。

 

④キーワード毎のCTR


こちらはその取れているキーワードでどれくらいのクリック率を出せているのかを見ることが出来ます。タイトルやmeta descriptionなどの改善をするときに使います。
こちらはsearch consoleにログインして検索アナリティクス > 検索アナリティクス > CTRのチェックボックスを選択 > クエリのフィルタを設定
で見ることが出来ます。タイトルに含まれていないキーワードで思ったより取れている時にそのキーワードのCTRが低かった場合は改善することで更なるセッションを見込むことが出来ます。
ちなみにsearch consoleとGoogleアナリティクスを連携させることでアナリティクス上でもこのデータを見ることが出来るようになります。

support.google.com

 

⑤ページ内CTR


Google Chrome のPage Analyticsというアドオンを使って自社のページ内のCTRを見ることが出来ます。
これを使うことでページ内回遊率や、2ページ目遷移率などをPCスマホ別に見ることが出来ます。

 

PageAnalyticsのつかいかたはこちら

websae.net


PC・スマホの分け方はこちらの記事でご紹介していきます。

mizushi.hatenablog.com


いかがでしたでしょうか?


このようにコンテンツをユーザーの満足するものに変えていけば順位が上がることも間違い無し!!是非実践してみてください。