定量的な指標の向上の為に定性的な改善を行うときの注意点4つ。

f:id:foasij:20160611104414p:plain

 定量的な指標の向上の為に定性的な改善を行うときの注意点4つ。

SEOでコンテンツの改善を行っていると、このコンテンツなんか違うな…という違和感を覚えることが有ります。そんなコンテンツを見つけた時に、僕は一旦定量的なデータを取れるだけ取るようにしています。

データの取り方はこちらの記事を参照

mizushi.hatenablog.com


さて、コンテンツに何か違和感を感じた時に、データを見ると、個々の数字が他のコンテンツと比べて低いなぁとかそもそもキーワードのズレを見つけることがあります。そんな時に、目標を設定して改善を行うのですが注意点が4つほどあるので今回はその話をしていこうかなぁと思います。

 

注意点① 本来の目標に紐付いているか否か?


その数字を追うばかり、その数字を達成すれば、CV率上がって売上が上がるとかこの数字が上がれば、セッションが伸びて集客力が上がるとかセッションが伸びて、売上が伸びるのか??などなど、ちゃんと目標に紐付いているのかを確認してみてください。

 

注意点② 他の数字を下げていないか??


その目標にコミットする余り、他の大事な指標を下げていませんか??数字は伸びているのに何かがうまくいかない…そんな時は一回、自分の仕事の全体図を作って、どの数字が何に紐付いているのかのMAPを作ってみると意外とシンプルだったりします。

 

注意点③ ちゃんとレポーティングできているか??


本当に正しい形でデータを取ることができていますか??なんとなくうまくいっているからといってそのままオペレーションを進めていって本当に大丈夫ですか??定量的なものはレポーティング、定性的なものは資料化を徹底して、会社のナレッジとして蓄えていかなければ再現性は0に近い。。。なんてこともありえます。

 

注意点④ 何をもって成功何をもって失敗なのか??

これが決まっていないとただひたすらに時間を失ってしまいます。何の数値が伸びたら成功なのか??何が置きなかったら失敗なのか??あまり結果が見られないのでもっと規模拡大して実行して検証してみようと思っていますとか言い出したら終わりだと思ったほうがいいと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか??


以上の注意点をもって数値改善を行えば、会社はグロウスしていくのではないでしょうか??