時期ごとにクリックされる記事・コンテンツが違う4つのパターン

f:id:foasij:20160514185158p:plain

クリックされるコンテンツが時期ごとに違う話

クリックされるタイトルの話は

mizushi.hatenablog.com

こちらの記事で紹介していますが今回は、時期ごとにクリックされるコンテンツが違うよという話をしていきたいと思います。

 

 

 

クリックされるコンテンツが違う記事の実例

| ①ユーザーが知っているか知っていないか

 

検索結果でクリックされるものは時期によって変わってきます。例えば、アサイーが流行る前は、「アサイーって知ってる??ダイエットにも美容にも最高なスーパーフード」みたいなタイトルがクリックされます。これは、皆がアサイーを知らないからアサイーについて知りたい人が多く、検索してクリックするのが原因です。必然として、そのようなタイトルのコンテンツの検索順位も上がっていきます。

 

メイソンジャーのように認知度が上がっていくと、「2015年大ブレイクの予感!?いま話題の「メイソンジャー」」のようなタイトルの順位が上がっていきます。このように、タイトルがユーザーの求めているタイミングで変わっていることはとても大切です。

 

 

また時期に合わせてコンテンツの中身も変えていく必要が有ります。タイトルだけ変わってても仕方ないですよね。

 

| ②そのトレンドが追えているか

 

こちらは結構たくさんの例があります。

例えば、春のコーディネートに対しても最初は、

「春を先取り!!2016年に流行るコーディネートを徹底解説!!」

のようにして、去年のパリコレでどんな物が出たのかの紹介や、今年は何が流行りそうなのかなどの情報が求められます。

 

段々春が近づいてくると、

「今年の春はコレが来る!!まだ春服を買ってない人必見のコーディネート集」

のようなタイトルを付けて、商品紹介を込めた記事のようなものが上がりやすかったりします。

 

そして春終盤に近づくと、

「夏も使える!!残りの春を楽しめるコーディネート40選」

のようなコンテンツにして少し涼しめな洋服の画像を選び、夏のコーディネートへのリンクを飛ばしてあげる

 

というような編集をすることが出来ます。

 

このようにトレンド系のコンテンツで1位を取り続けることはとても大変です、

 

| ③ちょっとしたチューニングが必要なパターン

これは、政経系のクエリとかですと

「逃すとやばい!?確定申告っていつから??」

というタイトルは

「逃すとやばい!?確定申告っていつまで??」

 

というように時期によってタイトルを変えると

クリック率が上がることが想像できます。

 

| ④そもそも需要がゴロッと変わるパターン

 

芸能人系のキーワードに多いのですが、何か事件や新しいドラマの出演などが決まると検索結果がゴロっと変わったりします。

 

今年で言うとベッキーとかジャニーズとかがそれに当たると思うのですが、トレンド性のあまりにも強い記事(Google トレンド)に入るようなキーワードで検索されるべき記事はスピードが大事だといえます。

 

 いかがでしたでしょうか??

という感じで今回はクリックされるコンテンツが時期ごとに違うという話でした。

コンテンツも含めてかなり重厚な内容になったので是非頭にいれておいてください!!